忍者ブログ

話し掛けている

もうその人のことなんかいい加減忘れたら?」
ってまたミユキ、オマエ。
テメエはわかり易過ぎだろうが・・・、なんてわたしはまた自分の天敵の姑息な発言に心乱しかけ、思わず顔が歪みそうになるところを、ああ、まずいまずい〜と反省し、テルヤマの方へと視線を戻す・・・と、あれ?
と彼もどうやらあちら側の会話に何か興味を示している模様。
そこでわたしはテルヤマに、
あの人ホンジョウさん、ほらフィオレンテで一緒にいた」
と言うとテルヤマも
ああ、あの時の」
としっかりそれは憶えている様子。
そう、彼の彼女っていうか・・・、まあその手前みたいな感じだったヒカルさんって彼のカウンセラーだったオンナの人がいてね。
その彼女・・・、実はちょっと前に」
えっ?」
と言った時のテルヤマの表情にわたしは何かひっかかるものを感じ・・・、そう言えばあの日軽井沢でこのオトコを見かけたんだっけ・・・、なんていきなりその瞬間そのことを思い出し、
テルヤマさん?
そのヒカルさんのことなんだけど・・・、まさか知り合いってわけじゃあ?」
と唐突にそう尋ねるわたしに、
えっ?

ぼ、ぼくが?
そ、それは・・・、な、なんでまた?」
と言って彼は微妙にわたしから視線を外しつつそうリアクションする。
そしてその瞬間、わたしはテルヤマがヒカルさんの失踪にやはりなんらかの形で関係を持っている・・・、そう直感的に確信するのだった。この、彼女・・・、なんかちょっと酔っちゃってるみたいで。
さっき入り口で会ったんだけど」
とテルヤマがトオルに向かって話し掛けている?
えっ?

う、嘘?と、トオルとテルヤマが?な、なんで知り合い?
ああ、すいません、テルヤマさん」
と言うトオルに、
じゃあ、彼女・・・、よろしくね」
とトオルに向かってテルヤマはそう告げると、ミユキの腕をゆっくりとほどき、トオルの腕にバトンを手渡すようにミユキの肩を抱きかかえながら移動させ、すぐにわたしの方に向き直すなりの韓流スター顔負けのビューティフルスマイル。
と、わたしも思わず、ど、どうもみたいな感じの引きつった笑顔で応える。
ね、ねえ。

この人、かっこいい!」
と酔っぱらったミユキがみとれるようにテルヤマを見上げている。
て、て、テメエは、うせやがれ~!

この腐れビッチが~!と心の中で叫びつつ、それはもちろん顔には出さずに、
うそ~?なんでテルヤマさん、トオルのこと?」
とわたしは彼に尋ねる。
ああ。
PR

初の日本全国ツ

そこでは住人でもある仲良し3人組が楽しげに明日からの沖縄行きの計画についてリビングで話し合っていた。
どうやらその日は昼からの営業のつもりはないらしく、入り口にはOPENの看板すらも出ていなかった。

わたしが初めてユナの本当の素性を知ったのは、その席でのナカバヤシの話の内容からであった。
わたしも顔見知りのサクヤマと言うプロダクション社長からのエピソードと言うのを彼より聞かされその場で完全にフリーズしたのだったが、一方でその事実とそれまでのユナの言動の辻褄が合うのをわたしは感じていた。
これじゃあまるで現代版ローマの休日」だな???、などとわたしは一瞬その主人公の相手役にでもなったような気分に浸っていたのだが、考えてみればこの物語もまあ(あのローマの休日同様)、所詮そのオンナ主人公の成長過程における青春のひとコマ。
わたしの存在なんてのはその彼女、ユナのこれからの長い人生ステップにおける踏み台?と言ってはなんなんだが、まあそんな単なるワンエピソードにおける特別ゲスト?程度の存在なのだろう。

なんてまた必要以上に悲観してはみたものの、それでもまあ、50を目前にした先行きも定まらぬこんなわたしにとって、まさに夢(その半分は本当に夢だったような気もするが)のような出来事と言うか?ぶっちゃけ写真週刊誌ネタとしても十分に商品価値のある出来事でもあったわけで???、と言ってもこのわたしとしてももちろんローマの休日」のグレゴリー?ペックのごとくすべて穏便にこの記事ネタは握りつぶし、それはそっと自分だけの大切な思い出の中にしまい込んでおくことにしたのだった樓宇二按
そう、わたしはユナの一件について、結局この店の3人にすら敢えて話そうとは思わなかった。

ユナからはその後、2、3通の味気ないメールが届いた。

最後にもらったメールの直後には、初の日本全国ツアーが決まったとかで、さいたまアリーナでのライブのアリーナチケットが2枚ほど速達で送られて来たのだが、自分としてはライブになど行く気にもなれず、少女倶楽部のファンだと言っていたトオルにそのままあげてしまった。
まあ、ユナとは結局そんな感じである。

そう、あれからもうあっと言う間に5ヶ月近くが過ぎようとしている。
思えば3.11を境にこの日本のすべてが変わってしまったように思う。

当初の予想通り原発の処理のめどはいっこうに立っておらず、巷では10年単位の放射能垂れ流しの危険性がささやかれ続けている心跳錶
それをきっかけとした反原発ムードは世界中のムーブメントへと拡大し、ドイツ他エネルギー先進国の間では一気に再生可能エネルギーへの転換へとエネルギー政策の舵が取られ始めた。
日本中でも原発の多くはストップ状態となり、新たなる安全基準が確定されるまでは全国民を挙げての節電状態へと時代の流れはシフトした。
東電株は崩壊し、もはや国の援助なしに会社の再生は不可能と言った状況となっており、風評被害をも含めたその賠償金額については、恐ろしくて誰も正確には把握すらしていない(米国の某証券会社の試算によれば50兆円近いとのこと)。
大打撃を受けた自動車、その他の輸出関連企業については、この数ヶ月でかなり復興の兆しが見え始めて来たとの報道がされていたが、ここにきてアメリカの米債務上限引き上げ問題などによりドルの信頼が崩壊し、ついに円が76円台突入へ?と全くもって予断を許さない(2011年の8月当時)側睡枕頭

他のオンナの

あたしは中学、高校とトウキョウで公立の共学校に通ってたのね。小学校の頃から背が高かったこともあって、ずっとバスケ部に入ってて、毎日が練習練習の日々だったから、男の子との関係は奥手の方だったの。でもあたしは、どっちかって言えばモテる方だったから、クラスやそれ以外の同じ学校の男の子からもけっこうコクられることは多かったの。
それでも校内で彼氏とかを作らなかったのは、あたしが昔から同じ年頃の男の子には、全くと言っていいほど興味がなかったからなの。
それは多分きっと???、ずっとパパに愛されなかったことがトラウマになっていたからで、父親みたいなオトコの人の愛情を思春期になってからもずっと求め続けていたからだと思う。
実際にあたしの初恋は、中学校の担任の先生だったし、それ以外でも好きになった人たちは、友だちのお父さんだったり、たまたま偶然知り合ったサラリーマンのおじさんみたいな人たちばかりだった。

高校を卒業すると、あたしは以前から関心のあった介護の仕事がやりたくて、そういったことの勉強が出来る福祉の専門学校に進学したの。
ああ、でもそれもまわりに素敵なおじいちゃんがいるのが楽しみってのもあったかな?あたしの老け専は、どんどん悪化してたみたい優纖美容好唔好で、そのうちに70歳ぐらいのおじいちゃんのことも恋愛の対象になってきちゃったりしてたもんだから???。

まあそれはいいとして、それから専門に通ってた頃には、もっといろんなおじさんと知り合いたいってのもあって、キャバクラで働いたりもしたんだけど???、そう、あたしのバージンを捧げたのは、その時のお客さんだった60歳ぐらいのちょっと有名な会社の社長さんだったの。その人のことは、ちょっと好きだったからしばらくは愛人で、よく素敵なお店とかに連れて行ってもらったな。
でもキャバクラはね、他のオンナの娘たちの嫉妬の目が怖くて耐えられなくて辞めたの。
あたしダメなのよ、ああいうオンナの世界って。いつも怖い先輩に目をつけられて攻撃されるみたい。部活の時は、そうじゃなかったdermes 激光脫毛んだけどね。

それからあたし、好きなオトコを捕まえるのには水商売なんかで獲物を待つんじゃなくて、自分からアプローチした方がいいかも?なんて思い出して、素敵なおじさんがいそうなお店にひとりで通ったりなんかして、酔っぱらって帰ろうとするところを逆ナンしてホテルに連れ込んだり、なんてたまにしてたんだ」

す、凄いね???。な、なんかちょっと羨ましいって言うか」
と、わたしはさっきから開いた口がふさがらない。

そう?でもね、やっぱりなかなか本当に好きになれる人ってのには出会えなくて???、それで、まあ???そんな時にナdermes 價錢 オキに出会ったのよ」
いいんだよ、俺のことは。
それより、オマエ???、そう言えば、あの指輪はどうした?
ミクさんに渡したのか?」
ああ?
まあね???、まあ君らの段取りを無駄にしちゃあ悪いと思って」
それで?」
とナカバヤシは自分のグラスに泡盛を注ぎつつ、どうもその後が気になるらしい。

情を思春期に

それは多分きっと・・・、ずっ玻璃屋とパパに愛されなかったことがトラウマになっていたからで、父親みたいなオトコの人の愛情を思春期になってからもずっと求め続けていたからだと思う。 実際にあたしの初恋は、中学校の担任の先生だったし、それ以外でも好きになった人たちは、友だちのお父さんだったり、たまたま偶然知り合ったサラリーマンのおじさんみたいな人たちばかりだった。 高校を卒業すると、あたしは以前から関心のあった介護の仕事がやりたくて、そういったことの勉強が出来る福祉の専門学校に進学したの。 ああ、でもそれもまわりに素敵なおじいちゃんがいるのが楽しみってのもあったかな?あたしの老け専は、どんどん悪化してたみたいで、そのうちに70歳ぐらいのおじいちゃんのことも恋愛の対象になってきちゃったりしてたもんだから・・・。 まあそれはいいとして、それから専門に通ってた頃には、もっといろんなおじさんと知り合いたいってのもあって、キャバクラで働いたりもしたんだけど・・・、そう、あたしのバージンを捧げたのは、その時のお客さんだった60歳ぐらいのちょっと有名な会社の社長さんだったの。その人のことは、ちょっと好きだったからしばらくは愛人で、よく素敵なお店とかに連れて行ってもらったな。 でもキャバクラはね、他のオンナの娘たちの嫉妬の目が怖くて耐えられなくて辞めたの。 あたしダメなのよ、ああいうオ天台玻璃屋ンナの世界って。いつも怖い先輩に目をつけられて攻撃されるみたい。部活の時は、そうじゃなかったんだけどね。 それからあたし、好きなオトコを捕まえるのには水商売なんかで獲物を待つんじゃなくて、自分からアプローチした方がいいかも?なんて思い出して、素敵なおじさんがいそうなお店にひとりで通ったりなんかして、酔っぱらって帰ろうとするところを逆ナンしてホテルに連れ込んだり、なんてたまにしてたんだ」 す、凄いね・・・。な、なんかちょっと羨ましいって言うか」 と、わたしはさっきから開いた口がふさがらない。 そう?でもね、やっぱりなかなか本当に好きになれる人ってのには出会えなくて・・・、それで、まあ・・・そんな時にナオキに出会ったのよ」 いいんだよ、俺のことは。 それより、オマエ・・・、そう言えば、あの指輪はどうした? ミクさんに渡したのか?」 ああ? まあね・・・、まあ君らの段取りを無駄にしちゃあ悪いと思って」 それで?」 とナカバヤシは自分のグラスに泡盛を注ぎつつ、どうもその後が気になるらしい。 それでって?」 だから、復活するのかよ? オマエも上のおふたりさんみたいに」 さあ、どうかなあ?」 さあって、指輪SmarTone 上網 渡しておいてさあもねえだろう?」 あれはさあ、なんかお互いの思い出の証って言うか? これからもきっと・・・ずっと続く友情の証としての指輪? そんな感じかなあ」

少女倶楽部に何

ああ、あのメンバーのひとりの娘ってのが、実は今朝発見されてね。
これはまだニュースには上がってないと思うけど???、とにかくそれで俺の首が繋がったってわけなんだよ」
そうサクヤマは言い、1杯目のビールを一気に飲み干す。
と、その空グラスにすかさずトオルがビールを注ぐ。
そう言えばあの失踪の娘、一部ではジャンヌ?ダルクみたいな言われようでしたもんね?」
と言ったトオルに、
ジャンヌ?ダルク?」
とナカバヤシが聞き返す。

ええ。
あの失踪がちょうど震reenex 價錢災の直後で、ほとんどの外国人が海外や関西方面に逃げちゃったでしょう?
彼女を被災地で見かけたとか、ボランティアでがれき処理に参加してる?なんて言う噂が立ってたんですよ」
まあ、おそらくそれは単なるデマだったとは思うけど」
とクールなマキ。
あれ?
でもサクヤマさん、その少女倶楽部に何か絡んでたんですか?」
と話をもとに戻すかのように訊き返すトオルに、
絡んでたなんてもんreenex 好唔好 じゃないよ。
今回彼女らの日本デビューの段取りはうちが全部仕切ってたんだ。

オマエら気づいてなかったかもしれないけど、あの失踪してたユナって娘、ここにも俺、2回ほど連れて来たことがあるんだよ」
とサクヤマが豪語する。
ええ?
ま、マジすかあ?」
とやたら残念そうなトオル。
まあ、そう言うこともあってだなあ、今回の失踪で一番疑われてたのは俺だったってわけ。
俺がユナを何処かに隠してるとか?かくまってるとか?
もうとんでもねえ濡れ衣でさあ。

それでまあその重要なポイントってのが、あのユナって娘がそもそも単なるアイドルの卵ってわけじゃなくてだなあ?保養關節って、ああ、ちなみにオマエら知ってるか?
あの辺一連のK-POP系を最近やたら威勢よく売り出してたJNエンタテインメントって韓国系のプロダクション?」

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R