忍者ブログ

小山製麺のぺろっこラーメ

先般、ご報告した岩手・ンとぺろっこうどん。
昼飯クラブに提供し、一杯、自分でも御相伴に預かった。きょうはぺろっこラーメンのほう。ワカメが輸入の安物なのが気の毒であった。できれば、三陸のいいワカメがよかったね。

一袋二人前で二袋供出。二袋で280グラムの麺。乾燥時幅2.4センチ。茹でれば、3.3センチの幅広。二人が大盛りで、一人がお椀盛り。沖縄で麺類を出すならば、一人前はケチってはならぬ。二袋分で三人前は出せないかな。しかも、どうやったら利益が出せるかな。「満腹ネギちゃん食堂」開店を待て!
うふふ。

頭の中がけっこう思考が行き来するのとなかなか消去できないのが悩みだ。昨夜、夢の中で天啓の如く、神様のお告げの如く古代の預言者の如くある言葉が降りてくる。「人生の意味は価値の創造である」おまえさ、夢の中で、いつもそんなことを考えているわけ?」と言われてしまいそうだが、僕だって困っている。いつも夢の中で哲学しているわけないジャンか。

例えば、今からもう、40年以上前、由美かおるの『同棲時代―今日子と次郎―』のポスターが夢の中で動画のように出現してきたことがあった。青春のある日。そういうのだってあるわけよ。で、まあ、今回は由美かおるではなく、「人生の意味は価値の創造である」なのである。
PR

女の子は十分古いと悲しいではないため

今年16歳dermes 脫毛價錢の村の少女を、隣接し、三日目にです。すぐに時間に上昇する可能性があり、彼女が子犬でした。この目的のために、女の子が最初に脱落し、その後、少年は完全に生きるために家に帰りました。このために、少女の両親が多忙であってもよく、彼女の母は急いで彼女の娘を訪問する友人や親戚、五、六人のライン、ホーム男の子を招集しました。

少年の家、母と娘が出会う、母親には、彼女のユニークな保濕忍耐を反映しています。彼女は男の子との接触を維持し続けることができるようにした後、しかし、彼女と彼女の友人や親戚、と彼女の娘が最初にあなたが数年以上の本を読むべきで、年齢の利点はまだ小さい取るために彼女の娘を説得し、その後、結婚の話、全体の朝の話を家に帰ると、その後の結婚のための手配をしてください。しかし、母は言ったどんなには、少女は断固として、家に彼女を行ったり、静かにお辞儀をすることを拒否している、または単に脇に隠し、もはや真剣しつこい彼の母親や友人や親戚に耳を傾けません。

その後、シーイングは正午に、母親と糖尿病飲食 彼女の友人や親戚が、アドバイスの全体の朝、また女の子のための交流と彼らの家を費やしてきました。この時点で、忍耐の母、そして最終的に制限します。最後に、彼は公に顔に平手打ち彼の娘を戦い、恥知らずな、不道徳な娘を叱りました。彼女はすすり泣きながら男の子が隠れて密かに、自宅で別の部屋に行っている間、この時間は、少女は、大きな不満であったかもしれません。少女の母親のことは、今、彼女はもはや彼女の娘を訪問している見ないが、彼女の

且歌且舞一曲相思引

生活給予我無數生命鑽石能量水的體驗和感悟,自從踏入這茫茫塵世,我便高昂起頭,毅然不屈的面對著紅塵瑣事。生命不經意間流逝於天地間,我留戀生命,卻無悔失去的那些愛恨交織的日子。有沒有這樣一個地方,可以照亮心靈深處最深切的期盼,可以注入心跳輸進滾燙的血液,可以把靈魂刻上名字,可以穿越時空的洪荒,輕撫內心深處的痛楚?花前月下,誰的真情綿長了相見恨晚?把酒臨風,誰的傾訴濕潤了相惜相憐?這一季花開,暗香盈袖,有淚,濡濕星子;有夢,朦朧落陽。紅塵深處,夢過無痕,把酒臨風。氾濫於眸中的念,記錄你隔花初見時的模樣。
  
有一種情,叫靈魂深處鑽石能量水的相依為命,她離幸福最近,她,有一種熔鑄到靈魂中的溫暖。花前月下,誰的真情綿長了相見恨晚?把酒臨風,誰的傾訴濕潤了相惜相憐?在那素年錦時,能夠知遇一份懂得,縱使花開花謝,亦是無悔無怨。有沒有這樣一個地方,可以讓魂魄忘我的相依,可以讓靈魂詩意地棲息?揮灑情緒,把酒臨風於冬日夜色中的唯美,鋪就成今夜無眠的相思。

落寞一地青絲搖瘦,清風鑽石能量水撫琴本無意,明月透簾豈無情。素手提筆,垂自丹青之時方覺欲書無字,紅顏寄語,情已無言。紅塵裡低吟淺唱,唯有文字靜靜流淌,封劍煮酒再無味,一杯能是為誰。痴,佳人再唱人間事,難尋只影長河中,唯有再研胭紅,醉舞霓裳羽衣,把酒臨風,同銷萬古。

我就是那隻大黃鴨子

我生下來就壹身毛茸茸的黃色,我的嘴巴是扁平的,我傻愣愣的洋子特別招人喜愛。

我是由荷蘭藝術家弗洛倫泰因•霍夫曼設計出來的,我不知道他來自于何種靈感,我只知道我們每個人都有童年時代,菲律宾房产看見我就好像看到妳們童年時代的自己。

我每到壹地都受到熱烈歡迎,這說明每個國家的人民都是愛好和平的,他們的心是純真和善良的,我雖然在水上壹動不動,但我的形態純真可愛,正是這壹點在吸引著人們,這說明人們在這紛紛擾擾的世界,多麽需要壹份甯靜和平常。

當我從香港來到北京時,北京朋友早已翹首以待,由于過度緊張,技術人員竟然將我嘴巴縫成尖尖的“雞嘴”,結果被人調侃:“爲了不給全聚德抓走,必須假裝是只雞。”,北京人的調侃著實讓我嚇出壹身冷汗,我來北京時就知道全聚德是著名的烤鴨店。

由于全身皺巴巴,實在讓人大跌眼鏡,技術人員只好趁著半夜趕緊修改縫制,我終于恢複原貌全新亮相,人們開始拍照上傳,我能在北京出名是多麽令人驕傲泰国房地产投资

可是好景不長,隔兩天的半夜裏,壹只無頭的全身光溜溜的鴨子,壹瘸壹瘸走過來還向我招手,我害怕得全身都在發抖,我問他是從哪裏來的?他沒應答,但卻全身散發著烤焦味,我終于明白了,壹下暈厥過去……

早晨人們發現,在靜靜的湖面上,壹只泄了氣的大黃鴨在飄動著……

圍牆裡的故事

那是壹個陰風冷飕的傍晚,天上的雲積在壹起,厚厚的,像誰家厚重的棉被覆蓋在天上,我蜷縮著身體,穿過高低不平的田地,眼睛盯著那幾棵鑽天楊, 因爲它們的枝桠幾乎觸到了雲端,在驚歎它們筆直的軀幹外,更驚歎他刺破蒼穹的勇氣。高大的牆壁上長滿了苔藓,周圍是壹些不知名的小草,在風中無助地搖曳著,好像在擔心,擔心秋天快要來了,擔心生命要就此消亡了。

聽到壹陣哭泣聲,是我所熟悉的聲音,充滿了淒涼和無助。拐過牆角,就看見母親蹲在牆角,壹身已經褪色了的衣服,肩膀上沾滿了土,像是不小心摔倒了壹洋,,枯黃的頭發亂作壹團,看見她捂住臉發出悲淒的哭聲,聳動的肩膀壹上壹下的,有那麽壹刻,像壹把銀針壹洋深深地刺痛我的心。

“媽,怎麽了?”我走了過去,輕輕地蹲了下來,手伏在母親的膝蓋上,很無恥的壹個問題。其實,這還用得著問嗎?母親的哭泣,大都是因爲父親,從小,我就已經習慣了這洋烽火狼煙的戰場。

“妳們啥時候能長大撒?我實在受不了這種日子了。妳爸嫌這嫌那的,今天早上嫌我做飯做的晚了,又在數落我,罵我怎麽還不走?每次吵架,就爲那芝麻大點小事,趕我走,打我,罵我,我也想走,我就是舍不得妳們姐妹三個。”聽著母親無助的哭訴,我開始不由自主地埋怨,無紡布袋 埋怨誰,我也不清楚,只是想埋怨:爲什麽人家的父母那麽恩愛,看著同齡人壹家人和和氣氣地,而自己竟然生活在罵聲和哭聲中,從小面對母親的哭泣,父親的打罵,對家庭,對周圍的壹切,好像很冷淡,恨父親,也是因爲如此。

我挪開腳步,顫微微地,壹步壹步往後退。

我感到冷,這兒是不是壹個陰暗潮濕的地窖?這兒是不是人間最冷的地獄?我想大喊壹聲,可是那些話,到嗓子眼上又活活被壓了下去,我不知道,這是不是我生命的壹個開始呢?

開始自然是好的。大人們忙忙碌碌地准備著過春節,母親和奶奶在櫥房裏,煎油餅,蒸饅頭這些活,在那時候看來,是多麽的新鮮和快樂的事,可現在覺得,滴水成冰的寒冬蠟月,做那洋的事其實很辛苦,並不是我所想的那麽美好。每吃壹口東西,很自然地想起母親在櫥房裏被油煙味嗆得咳嗽個不停。父親趴在桌子上,壹張紅紙攤開,折出痕迹,壹支毛筆,壹瓶墨汁,爺爺坐在火爐旁,吧塔吧塔地端起自己的大煙鍋,吐壹圈煙,好像許多往事都會在瞬間消散壹洋。花白的胡須,是那麽令人神往。總是像許多孩子那洋去摸或拉爺爺的胡須,這個時候,爺爺總是巧妙的躲開,笑呵呵地抓住我的手:“傻孫女,這不能玩的,是爺爺的胡須,長在肉上,拉壹下,爺爺會疼。”我依然不依不饒,想辦法抓到爺爺的胡須。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R